妊娠中に感染したら赤ちゃんは大丈夫なの

Pocket
Delicious にシェア

どうして妊娠中は通常よりも感染しやすいのか?

それは妊娠中の膣内はアルカリ性になりやすい状態だからなのです。
通常は酸性なので菌が増殖するのを防いでいますが、ホルモンバランスが乱れアルカリ性になりやすくなっているので、発症しやすくなっているのです。

妊婦は免疫力が低下しやすい
つわりのせいで栄養のバランスも崩れがちですし、つわりで体力が奪われてしまいます。
そして体温が上昇し汗かきになるので、発症しやすい状況になっているのです。

治療法について
妊婦の方も発症後は通常の女性と同じ様に塗り薬・膣錠で治療していきます。
赤ちゃんへの影響が心配されますが、膣錠は赤ちゃんへ害を与える心配はありませんので不安はいりませんよ。
また、痒みや炎症が治まったからと直ぐに薬の使用をしなくなると、すぐに再発をするので気を付けましょう。

赤ちゃんへの感染
妊娠中に感染してしまった場合、完治すれば大丈夫ですが、完治せずに赤ちゃんを産んでしまうと感染させる可能性も。
産道を通って出てきてしまうのでその際に感染するのです。
すると赤ちゃんの下に白カビが発症するだけでなく、皮膚が炎症を起こしかぶれを起こす事もあるのです。
万が一感染してしまった場合でも、薬で治療すれば直ぐに治るので不安はいりません。

出産方法について
感染していたとしても、切開して出産という事はしません。
感染しない様にきちんと点滴をして通常の分娩で出産する事になります。

膣錠を入れるのが困難な場合
妊婦さんはどうしてもお腹が大きくなっているので、処方された膣錠を自分で挿入するのが困難になる傾向があります。
その場合には旦那さんに協力してもらうか、もしくは病院にお願いして膣錠の治療を行ってください。

もしもカンジダに感染していても症状が比較的軽い場合には、敢えて治療を行わない場合もあります。
ストレスは一番いけない事なので、そこまで深く思い込まずに出産へ挑んで頂きたいと思います。

本来はできるだけ臨月を迎える前までにきちんと治療しておく事が、赤ちゃんにとってもお母さんにとっても大事な事です。
治療に関してはその都度、医師に相談してください。

先にもお話ししましたが、痒みが治まったからおりものも正常になったからと勝手に治療を止めてしまってはいけません。
その場合にもきちんと医師の判断に基づいて治療の判断は行ってくださいね。

Pocket
Delicious にシェア